住むことが決まったら、どこで買い物をするか

宝塚市に住むことが決まったら、生活スタイルはどうなっていくのかという事を考えていくと思いますが、宝塚市近辺には主に二つショッピング施設があります。

それは阪急宝塚駅前と阪急川西能勢口前です。

これらの駅前には豊富に色々なショップが並んでいますので、まとまった買い物がしたい場合はこの二つの駅に来て済ませるのがいいでしょう。

特に川西能勢口は、JRも阪急電車も能勢電鉄も乗り入れているターミナル駅ですから、実にたくさんの商業施設があります。

ボーリング場もありますし、飲食店も豊富です。

本屋も洋服屋も豊富にありますし、阪急の地下にはデパ地下のような施設で、少しいいものが売っています。

本当にたくさんのお店がありますので、市は違いますが、川西能勢口まで電車で来て買い物するのがオススメです。

またデートにも最適でしょうね。

ボーリング場やカラオケボックスもありますので、ショッピングをした後に食事をして、その後カラオケ、なんてコースも簡単に実現できる街です。

どこで遊ぶ?

川西能勢口や宝塚駅前に行くのもいいですが、やはり遊ぶとなると、梅田や三宮まで出ることをおすすめします。

川西能勢口にはボーリングやカラオケもありますし、ウィンドウショッピングするには有り余るほどのお店があります。

また宝塚駅前にもまずまずお店はあります。

しかし、宝塚ファミリーランドは廃園しましたし、車で移動しないとまとまって遊べるという感覚ではないような気がします。

宝塚市に住むメリットとしては梅田と三宮に大体30分ほどで着ける距離だという事です。

梅田は大阪の北の繁華街ですし、三宮は神戸の繁華街でどちらも豊富なショップ施設や飲食店があります。

欲しいものも見つからないことはないでしょうから、もし遊びに行かれる時には梅田や三宮まで足を運ぶのがいいでしょうね。

デートや友人と一日遊ぶ、という時には川西能勢口や宝塚駅前よりもそちらの方がいいでしょう。

電波がこれからの宝になる

携帯電話が普及して、メールをする人が増えました。

今や国民のほとんどが携帯電話を持ち、メールをしていると言っても過言ではないでしょう。

またインターネットも有線の時代から無線の時代に動いている気がいます。

線がなくてもインターネットができるというのは貴重です。

どこででも好きな場所でインターネットを楽しむことができるんですから。

問題はその電波ですが、やはり有線よりも力が弱いと言われていましたが、実はそうでもないようです。

最近の無線の電波は本当に強くて、モバイルwifiなんかもありますし、光回線並みの強い電波を発する無線LANもありますよね。

安いwifiが探しやすいHPはこちら

これらがどんどん普及してくる時代になると思います。

近い将来、どこでも皆無料でこの無線LANを楽しむ事態が来ることでしょう。

すると、どこででも高速で情報を手にすることができ、高速で人とつながることができますんで、電波が宝物になる耳朶が来るというものです。

まだまだポケットWiFiの力は弱いですけど、テクノロジーはどんどん進んでいますので、もうあっという間にやってくるような気がします。

宝塚歌劇団の大変さ

兵庫県宝塚市には、宝塚歌劇団の大劇場があります。東京にもありますが、宝塚歌劇というくらいですから、こちらが本家本元。発祥の地であります。毎年タカラジェンヌになるための第一歩である宝塚音楽学校の合格発表などがニュースで流れるのを見たことがある方もいらっしゃるでしょう。

宝塚歌劇と言えば、ファンの方がたくさんいらっしゃいます。当然出待ちもあるのですが、この出待ちは宝塚歌劇では、独特です。アイドルや芸人の出待ちなら、ファンの方々は声をかけたり、大きな声でキャーと叫んだりすると思いますが、宝塚歌劇では、暗黙の了解で声を出すのは禁止。するとどういうことが起こるのかというと、スターさんが出てきたら、大勢のファンがそれを静かに見守る…ということが起こるのです。正直シュールな光景ですが、宝塚では定番の光景です。これは宝塚歌劇独特であると言えるでしょう。

歌劇団のスターの女性たちは、色々と大変でしょうね。体力もいりますし、美容のお手入れなんかも大変でしょう。太ることも許されませんし、お肌が荒れることも許されません。もしかしたらラヴォーグ脱毛なんかで、脱毛して、お肌のケアもしているかもしれません。

最近は歌劇団を退団後、テレビドラマに出る方が増えていますが、そこまでの道のりというのはものすごく大変なものだったんだろうと予想します。

宝塚と言えば閉館した宝塚ファミリーランドが有名だった

兵庫県宝塚市にはかつて宝塚ファミリーランドというものがありました。こちらはいわゆる遊園地です。宝塚ファミリーランドには、遠足などで幼稚園や小学生などが通っていたものですし、カップルでデートに利用したりしていたものでした。ちなみに、宝塚ファミリーランドでデートをすると、別れるという伝説もありましたが…

また、動物園もあり、宝塚市民の憩いの場でありましたが、残念ながら2003年8月31日をもって閉館となってしまいました。閉館を聞いたときにはなぜ?と思いましたが、USJが出来て、そちらにお客をとられてしまったとか、少子化で来客が少なくなり、採算が合わなくなったとか、いろいろ言われています。

しかし、宝塚の象徴でもあった遊園地が亡くなったのですから、残念に思う方も多いことでしょう。様々な思い出を与えてくれた場所です。恋の思い出や、卒業前にクラスメイトと遊んだとか、トミーヒルフィガーの時計をして通ったなんて人もいるでしょうから、そういった「思い出」がなくなるのは、とても残念です。

今は併設していた宝塚大劇場だけが残り、ニトリなどの商業施設に変わっているようです。